屋内バイクのメリット - アルインコ プログラムバイク AFB6010は効果があるのか?

雪の日はロードワークができない?それはもったいない!



冬に雪が降る地域の方にとって、家の外でのトレーニングはほんとうにきびしいものがあります。

ランニングやジョギング、ウォーキングに至っても、雪道というのは転倒しやすく、転倒すれば打ちどころ次第では大怪我につながったりします。

健康のためにロードワークしてるのに、転倒してケガでもしたら何のために外に出たのか・・・
そんな後悔をすることにもなりかねません。


でも、家の中ではせいぜい腕立て伏せとか腹筋くらいしかできないじゃないか、下半身をしっかりと鍛えたいのに!

下半身をしっかりと鍛えるなら、やっぱりプログラムバイクなんですね。

普通に走ったり歩いたりするよりも、負荷を段階的にかけられるので、効率良く鍛える事ができちゃいます。

外出もままならないような大雪の日だって、プログラムバイクがあれば家の中で”安全”に鍛えることができるんですよ。

交通事故に遭う心配もなく、ちょっと無理なトレーニングをしたからといって、長距離を歩いて帰らなくてもいいですし。

ただ、音とか振動の心配があるので、一軒家とかマンションやアパートの一階なら大丈夫ですが、2階以上になると置かれないお宅も出てくるとは思います。


posted by のりのり at 23:01 | 屋内バイクのメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅雨でも運動はしたい!AFB6010はそんな時に威力を発揮しますね



運動が続かない理由の一つに、雨の日には休んでしまう、というのがあります。

考えてみると、すごくもったいない。

初めは「よーし、やるぞ」と思っていても、2,3日後に雨が降ったら

「今日は・・・中止かな」

一度中止してしまうと、雨の日は運動しないという”甘え”が体に染み付いてしまい、
運動を続けない理由になってしまうわけです。


特に梅雨時期は、外での運動ってなかなかできませんよね。

でも、プログラムバイクAFB6010なら、天候は関係ないです。

たとえ台風が来ようとも、必ず足腰を鍛える事が可能です。


天気は自分では決められませんが、運動するかしないか、は決められます。

梅雨に入ったら、ほとんど外での運動はできません。

でも、プログラムバイクなら運動は可能です。

あとは、するかしないかを自分が決めるだけで良くなります。


富士フィルムのメタバリアは口コミ通りに痩せるのか?


年齢による体の衰えは、まず足腰からやってくると言われています。

いつまでも自分の足で、元気に歩きたいものですね。



タグ:梅雨 運動
posted by のりのり at 11:00 | 屋内バイクのメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットするなら、やっぱり運動が一番いい!



ダイエットの方法って、いろいろありますよね?
サプリメントだったり食事療法だったり。

でもやっぱり一番健康にも良くて、リバウンドも無いダイエット方法は運動なんですよ。

中でも自転車は有酸素運動が手軽にできる軽スポーツとして最近注目されつつあります。

ウォーキングも良いですが、ちょっと無理して遠出してしまうとこれ、帰りが辛い・・・(笑)。
歩いて遠くへ行った分、帰ってこなければいけないですからね。

その点、自転車なら帰りも比較的楽ですし、ももを鍛えるなら自転車が最も優れています。

しかし!雨降ったらどうします?
事故や転倒時のケガも心配です。
自転車そのもののトラブル(パンクとか)もイヤですよね。

健康のためにはじめた自転車ダイエットなのに、ケガやストレスを溜める事になるのもおもしろくないことありませんか?

だからこそ、屋内バイクがいいんです。

雨が降ろうが台風が来ようが、外が暗くても関係ありません。
パンクの心配もなく、交通事故にも遭いませんしね。

まあ、風を感じられないというのが欠点ではありますが、一流アスリートも事故の危険性を考慮して屋内バイクで鍛えている人は多いんですよ。

筋肉を鍛えればリバウンドもし難いですし、何より汗をかく達成感が味わえます。

汗かいても、家ならすぐにお風呂にも入れますし、時間を最大限有効に使って手軽にダイエットができる、これが屋内バイクのメリットです。

そんな屋内バイクの中でも、この「アルインコ AFB6010」は値段が手頃なのに性能は上級機種に負けていないという、コストパフォーマンスのバランスが一番良い屋内バイク。

安いものだと音がうるさいとかフレームがチャチだとか色々と問題ありますが、「アルインコ AFB6010」はしっかりしたフレーム、静音設計、様々なコースが選べるから飽きない。

性能と価格を考慮すると、中の上、って感じで満足できるバイクです。

ただし、長時間乗ってるとお尻が痛くなるサドルはいただけない・・・

サドルが別売りされているので、これは一緒に購入しておくべきですね。



posted by のりのり at 23:21 | 屋内バイクのメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。